FC2ブログ

新Farmer塾

新Farmer塾

12月1週2018_convert_20181201154035

 今年は、豆類をたくさん育てています。春から小豆、大豆、黒豆、落花生、金時豆、タイ産ささげ豆を播いて実験しました。そのうち、黒豆と金時豆は、異常気象の中、ほとんど育ちませんでした。ただし、これは品種の違いによるものかもしれません。
 というのも、これまで失敗が続いていた大豆が、北海道産や関東産のものから九州産に変えたところ、比較的うまく育ってくれたからです。自然農法は、作物の種類、そして同じ作物でも品種の違いに大きく結果が左右される可能性があるようです。地域の土壌の質や気象条件の違いが、微生物叢の違いに結び付いているのだと推測されます。
 さて、写真は今年最後のマメ科の実験のために、そら豆を播いて発芽したところです。ほかに、スナップエンドウと絹サヤエンドウも播いています。以前、スナップエンドウを越冬させて育てたことがありますが、うまくいきませんでした。今回、うまく育つよう見守っていくつもりです。
スポンサーサイト
投稿 

コメント 0

現在コメントはありません。

コメントを投稿する