FC2ブログ

新Farmer塾

新Farmer塾

10月3週_convert_20181021191708

 これまで、通年栽培を目指していた小松菜ですが、夏場はやはり虫食いが多く、防虫ネットなしで栽培するには、まだ生態系が整っていないということでしょうか。
 あるいは、同じ品目を大量に作り続けるということは、小松菜を食べる虫にとっても「安定して繁殖する環境」を整えることにもなりますから、やはり農業生産には防虫ネットが欠かせないのかもしれません。そこは、まだこれからの研究課題です。
 さて、この時期は小松菜にとっては過ごしやすい気候です。いま、畑で育っている小松菜は、みな機嫌が良さそうです。
 ほとんど虫食いもなく、鮮やかな黄緑色を放っていて、とても美味しそうに見えます。むしろ、昨年の秋よりも状態は良くなっているように見えます。
 今年は、小松菜の漬物もいろいろ試してみたいところです。
スポンサーサイト
投稿 

コメント 0

現在コメントはありません。

コメントを投稿する