FC2ブログ

共生微生物

続きを読む

共生微生物

0
 自家採種を続けていると、こぼれた種が発芽して、まるで野菜が雑草のようにあちこちに生えてきます。 写真は、小松菜のこぼれ種が発芽して、放っておいたものです。高さは50センチを軽く超えて、直径は1mになろうかというぐらい巨大化しています。こんな感じの小松菜が、畑のあちこちに見られます。写真は、Dブロックのものです。 共生微生物がうまく繁殖すると、アブラナ科の葉物野菜は巨大化します。写真の小松菜のほか、...
12月4週 <大根の収穫>

続きを読む

12月4週 <大根の収穫>

0
 お待たせいたしました。通信講座を受講されているみなさまに、大根を発送いたしました。 今年の天候は、改良中の本社農場にとってなかなか厳しい結果となりました。干ばつのなかでしっかり育ってくれた落花生など、一部の野菜はうまく育ってはくれましたが、その後、秋野菜の定番である小松菜や人参が、いまひとつ伸び悩んでいるのが現状です。 そのなかで、大根はかなり頑張って育ってくれました。味もとても良好です。 量は...
12月3週 <そら豆その後>

続きを読む

12月3週 <そら豆その後>

0
 いよいよ寒さも厳しくなり、本社農場では霜が降りるようになりました。来年の春の収穫に向けて種まきしたそら豆は、寒さなどどこ吹く風?といわんばかりに、じわりじわりと育っています。 そもそも寒さに強いと言われているだけあって、そのたくましい姿には惚れ惚れします。ほかにスナップエンドウや絹サヤエンドウも育てていますが、みな同じように元気そうです。 冬越えのマメ科野菜は初めて成功しそうです。...
12月2週 <大豆の収穫>

続きを読む

12月2週 <大豆の収穫>

0
 ようやく、ほとんどの大豆が枯れてきましたので、収穫を始めました。大豆は、自然に枯れて葉が落ち、からからになったサヤだけの状態になったら収穫のタイミングだと聞きました。 ところが、本社農場の大豆はなかなか枯れてくれません。 写真は、家庭菜園の未利用の区画に作付けした大豆の様子ですが、まだ完全に枯れ切っていない状態のまま刈り取りました。初めは剪定ばさみで根元近くをカットしていたのですが、茎が固く、切...
12月1週 <そら豆>

続きを読む

12月1週 <そら豆>

0
 今年は、豆類をたくさん育てています。春から小豆、大豆、黒豆、落花生、金時豆、タイ産ささげ豆を播いて実験しました。そのうち、黒豆と金時豆は、異常気象の中、ほとんど育ちませんでした。ただし、これは品種の違いによるものかもしれません。 というのも、これまで失敗が続いていた大豆が、北海道産や関東産のものから九州産に変えたところ、比較的うまく育ってくれたからです。自然農法は、作物の種類、そして同じ作物でも...