FC2ブログ

11月4週 <農薬の影響>

続きを読む

11月4週 <農薬の影響>

0
 9月の終わりに小松菜の種を播いたCブロックの畝の様子をご紹介します。ここは、Cブロックの北側になりますが、小松菜の発育状況が良くありません。ここは、3年前まで地主さんが慣行栽培(化学肥料・農薬使用)を続けていた区画ですが、農薬の影響がまだ残っているのでしょうか。 Halu農法は、野菜の共生微生物が繁殖してくれなければ、野菜はまったく育ちません。今年は、マメ科の落花生がうまく育ってくれたものの、アブラナ...
11月3週 <麦に初挑戦>

続きを読む

11月3週 <麦に初挑戦>

0
 今年、初めて麦の栽培実験にチャレンジしています。写真はCブロックの北側です。 実験に使っている品種は、二条大麦(ビール麦)、ハルヨコイ(強力小麦)、そして古代麦のカムット、スペルトの4種類です。 麦の播種時期は11月から12月と聞いていますが、今年は暖冬の予報であるのと、Halu農法による野菜の生育状況が、他の農法とだいぶ異なることを考え、時期をずらして播種しているところです。年内に早く育ってしまうと、...
11月2週 <大根>

続きを読む

11月2週 <大根>

0
 今年は、8月の立秋過ぎに播いた大根が、発芽したものの干ばつ状態で萎れてしまい、9月初めに播きなおしました。写真は、家庭菜園の予備区画に作付けした大根の様子です。まだ完全な改良状態ではないため、ところどころ欠株がありますが、概ね順調に育っています。 通信講座を受講されているみなさんの畑は、どんな野菜が育っているでしょうか。 長期予報では、関東では11月いっぱい暖かい日が続くとの予報ですので、まだまだ...
11月1週 <家庭菜園>

続きを読む

11月1週 <家庭菜園>

0
 10月にリニューアルオープンした家庭菜園の様子をお伝えします。 これまで、土壌改良のために高く畝を造成したあとは、「できる限り自然状態で」ということを心掛けてきました。この家庭菜園区画を造成したのは昨年3月で、今ちょうど1年半が過ぎたところです。もともと遊休地だったこともあって、土壌微生物の繁殖は順調のように見えます。秋作は、大根、人参が気持ちよさそうに育っています。 そこで、少し方針を変えました。...