FC2ブログ

7月5週 <アルファルファの種>

続きを読む

7月5週 <アルファルファの種>

0
 マメ科の牧草であるアルファルファの栽培は、Halu農法の理論の基本です。日本では、「アルファルファ」という名前は、食用としてスーパーなどで販売されているスプラウトを見た人は多いでしょう。 アルファルファが成長した姿を見たことのある人は、おそらくHalu農法を実践している人だけだと思います。 さて、いまの時期ぐらいからアルファルファの種が付きます。このアルファルファの種はとても面白い形をしているのです。 ...
7月4週 <ニンニクの採種>

続きを読む

7月4週 <ニンニクの採種>

0
 昨年秋に植え付けたニンニクを収穫し、乾燥させています。写真の左に見えるのは、ニンニクの種です。 ニンニクの栽培といえば、球根であるニンニクを1粒ずつ植え付けて、翌年の春から夏にかけて収穫します。一般には花が咲くと種が太らないので、花芽は摘んでしまうと聞きます。よく初夏にスーパーに並ぶ「ニンニクの芽」と言われている野菜になります。Haluの畑では、そのまま花を咲かせました。 自家採種をするためです。薄...
7月3週 <熱中症にご注意>

続きを読む

7月3週 <熱中症にご注意>

0
 先日の広域豪雨被害は、ニュース番組でしかその深刻さはわからないのですが、講座を受講されているみなさまの地域は、いかがでしたでしょうか。 ここ数年の異常気象には、本当に泣かされます。とくに、この暑さは、外で作業する際に、熱中症にお気を付けください。農作業をしている身の実感ですが、風のない曇りの日は要注意です。曇りだからと、少しでも作業時間を長くすると、身体へのダメージは大きくなります。以前、熱中症...
7月2週 <桃の味>

続きを読む

7月2週 <桃の味>

0
 いま、日本全体に異常気象の波が押し寄せているのかもしれません。大雨によって、かなり広い範囲で農地がダメージを受けているようです。これからの農業には、常識を超えた工夫が必要になってくるでしょう。とくに自然農法の技術は、日本だけでなく、世界で求められてくるように感じます。 さて、本社農場では昨年春、いくつかの果樹の苗を植えました。そのうち、桃が小さいながらも良く育っています。なかには虫食いのものがあ...
7月1週 <エノコログサ>

続きを読む

7月1週 <エノコログサ>

0
 関東では6月29日に梅雨明けしました。なんと観測史上もっとも早い梅雨明けだそうです。干ばつによる農作物への影響が心配です。 さて、いま夏草の代表ともいえるエノコログサ(猫じゃらし)が生えてきました。みなさんの菜園では、このエノコログサが生えているでしょうか。実は、この草は、Halu農法で土壌改良がうまく進んでいるかどうかを判定する重要な草なのです。 この草が生えているということは、野菜が育つ環境が整い...