FC2ブログ

12月4週<冬至の朝>

続きを読む

12月4週<冬至の朝>

0
 1年間でもっとも日照時間が少ない冬至を迎えました。千葉県我孫子市の本社農場では、ここ数日は霜が降りて、冬を実感します。 さて、この時期になると一日中お日様が射さない場所があります。本社農場でいうと、南側で、木の影に入ってしまう場所です。 ここに、寒さに強いと言われるイチゴがたくさん植わっています。    イチゴ栽培は、昨年秋に実験を始めました。露地で、無肥料・無農薬のイチゴをぜひ世に出したいと思...
12月第3週<テントウムシ>

続きを読む

12月第3週<テントウムシ>

0
 いよいよ寒さも厳しくなってきました。本社農場では、さすがに早朝に霜が降りるようになってきました。日が射せば融けますし、日が射さない場所は、これから春まで、霜が降りっぱなしになります。 今年は畑に大根をたくさん種まきしました。 ところが、10月の長雨で、かなりたくさんの大根が、発芽したまま生育が止まってしまっています。生育が遅かったところは、冬を越して、節分以降にじわじわ成長してくれるでしょう。 成...
12月第2週 <時期外れですが>

続きを読む

12月第2週 <時期外れですが>

0
今年は、はじめ“暖冬”の予報でしたが、冬が近づくにつれ、一転“寒冬”に変わりました。本社農場にも冷たい風が吹いています。ところで、大根が育っている畝の合間に、小松菜が季節外れの花を咲かせています。小松菜はアブラナ科ですから、いわゆる「菜の花」です。菜の花特有の甘い香りがします。風の穏やかな日は、まだモンシロチョウもひらひら飛んでいたり、テントウムシも活発に活動しています。さて、この小松菜は、今年の春に...
12月第1週 <冬支度>

続きを読む

12月第1週 <冬支度>

0
急に寒くなってきましたね。千葉県我孫子市の本社農場(Halu健康菜園)では、いま、大根、人参、小松菜が育っています。そこで、数日前から冬支度を始めました。まだ、生育途中の大根や人参に、北風をよけるための不織布をかけます。Halu農法は、野菜と微生物の共生関係によってお互いが育ちます。ところが、北風が強いと、まず葉っぱが凍ってしまい、光合成ができなくなります。さらに、霜が降りると、その下にいる微生物たちも活...