FC2ブログ

12月2週 <大豆の収穫>

続きを読む

12月2週 <大豆の収穫>

0
 ようやく、ほとんどの大豆が枯れてきましたので、収穫を始めました。大豆は、自然に枯れて葉が落ち、からからになったサヤだけの状態になったら収穫のタイミングだと聞きました。 ところが、本社農場の大豆はなかなか枯れてくれません。 写真は、家庭菜園の未利用の区画に作付けした大豆の様子ですが、まだ完全に枯れ切っていない状態のまま刈り取りました。初めは剪定ばさみで根元近くをカットしていたのですが、茎が固く、切...
12月1週 <そら豆>

続きを読む

12月1週 <そら豆>

0
 今年は、豆類をたくさん育てています。春から小豆、大豆、黒豆、落花生、金時豆、タイ産ささげ豆を播いて実験しました。そのうち、黒豆と金時豆は、異常気象の中、ほとんど育ちませんでした。ただし、これは品種の違いによるものかもしれません。 というのも、これまで失敗が続いていた大豆が、北海道産や関東産のものから九州産に変えたところ、比較的うまく育ってくれたからです。自然農法は、作物の種類、そして同じ作物でも...
11月4週 <農薬の影響>

続きを読む

11月4週 <農薬の影響>

0
 9月の終わりに小松菜の種を播いたCブロックの畝の様子をご紹介します。ここは、Cブロックの北側になりますが、小松菜の発育状況が良くありません。ここは、3年前まで地主さんが慣行栽培(化学肥料・農薬使用)を続けていた区画ですが、農薬の影響がまだ残っているのでしょうか。 Halu農法は、野菜の共生微生物が繁殖してくれなければ、野菜はまったく育ちません。今年は、マメ科の落花生がうまく育ってくれたものの、アブラナ...
11月3週 <麦に初挑戦>

続きを読む

11月3週 <麦に初挑戦>

0
 今年、初めて麦の栽培実験にチャレンジしています。写真はCブロックの北側です。 実験に使っている品種は、二条大麦(ビール麦)、ハルヨコイ(強力小麦)、そして古代麦のカムット、スペルトの4種類です。 麦の播種時期は11月から12月と聞いていますが、今年は暖冬の予報であるのと、Halu農法による野菜の生育状況が、他の農法とだいぶ異なることを考え、時期をずらして播種しているところです。年内に早く育ってしまうと、...
11月2週 <大根>

続きを読む

11月2週 <大根>

0
 今年は、8月の立秋過ぎに播いた大根が、発芽したものの干ばつ状態で萎れてしまい、9月初めに播きなおしました。写真は、家庭菜園の予備区画に作付けした大根の様子です。まだ完全な改良状態ではないため、ところどころ欠株がありますが、概ね順調に育っています。 通信講座を受講されているみなさんの畑は、どんな野菜が育っているでしょうか。 長期予報では、関東では11月いっぱい暖かい日が続くとの予報ですので、まだまだ...